株式会社 太田治工

それは高度な技術と充実した最新鋭の設備機器に依って確かな物となる。
ひたむきな汗とチームワークの証明が生産性の向上を物語る。

沿革

昭和45年6月 太田市本町に於てFRP成形型、プレス金型治工具の設計事務所を資本金200万円にて、株式会社太田冶工を設立する
昭和47年3月
邑楽郡邑楽町狸塚に工場用地を取得し、第一期工場165㎡建設
FRP成形機1号機 100TON 設置
昭和47年8月 資本金600万円に増資
昭和47年9月 FRP成形機2号機 150TON 設置
昭和49年4月 資本金1,000万円に増資
FRP成形機3号機 300TON 設置
昭和49年9月 東京三洋電機株式会社コールドチェーン事業部より委託を受け、各種ショーケース部品受注取引開始
昭和50年1月 FRP成形機4号機 150TON 設置
昭和53年1月 ウレタン発泡作業開始する
昭和54年12月 西の根工場操業開始
東京三洋電機株式会社コールドチェーン事業部より委託を受け、各種ショーケースの製作開始
昭和57年10月 資本金2,000万円に増資
昭和59年9月 資本金5,000万円に増資
昭和59年9月 コールドチェーン藤川工場完成
昭和60年10月 コールドチェーン藤川工場第2工場完成
昭和61年10月 ショーケース側板発泡設備完成、生産開始
昭和63年2月 FRP成形機5号機 300TON 設置
平成1年9月 コールドチェーン機器工場板金工場増築
平成6年11月 事務棟完成(3階建延1,745㎡)
平成7年5月 ALC+ATC付NCベンダー1号機設置
平成7年12月 JHC WAGON(温冷配膳車)の自社製品製作
平成8年2月 ALC+ATC付NCベンダー2号機設置
平成8年8月 東京営業所開設
平成9年12月 ALC+ATC付NCベンダー3号機設置
平成11年7月 ISO9001国際規格取得
平成12年2月 (温・冷配膳車)グットデザインぐんま商品選定証(受賞)
平成12年8月 レーザーLC-1212αNT設置
平成15年9月 NCT EM2510NT 1台目設置
平成19年3月 ベンダー HDS2204NT設置
平成22年4月 東京営業所と北関東営業所を統合し、本社営業所を開設
平成24年3月 NCT EM2510NT 2台目設置
平成26年3月 NCT・レーザー複合機 LC-1212C1NT 設置
平成28年4月 FRP成形機 300TON 設置(山本)
平成29年2月 NCT EM2510MⅡ 3台目設置
令和2年5月 永井 勇 代表取締役社長就任

会社情報

商品情報

ページのトップへ戻る