多様化する価値観や市場に対して、的確な答えを提供する。

技術力、情報収集、機動力、それらを支える人間力。

未来を見据えた堅実なステップを踏みだしたい。

当社は、昭和45年6月の創立以来FRP成形金型設計、FRP製品の製造を通じ、また昭和49年からスパーショーケースの製作開始通じ、業界及び社会の繁栄に寄与してまいりました。平成7年当社の主力であります藤川工場に事務棟を完成し本社機能を集約いたし、業務の効率化を図りました。また自社製品であるJHC WAGON(温冷配膳車)を開発し生産を開始しました。これから来る21世紀に向けて、当社は『人と人との和』をモットーに、30年の実績を生かし時代の求める課題に挑戦しつつ、多様化するユーザーのニーズに応えるよう努力を続けて参ります。皆様と共に創る『大いなる明日』それが太田治工の願いです。

代表取締役 岩本 博